最終更新: 2019年4月10日

春は眠れなくなる。

今年は例年に増して眠れなくなってしまい、眠りに振り回される日々が続く。

夜布団の中で目を瞑りながらもいつでも瞼を開けられる、ゆらゆらと揺れる意識をを追いかける。そんな状態で朝を迎える。目を瞑っていると時間感覚がわからなくなり夜は意外とあっという間に明けてしまう。閉じたカーテンから光が差し込んで、そうするとなぜか少し眠れたりする、しかしその場合起きるのは昼近くになる。

せっかく眠れても数時間の睡眠になるので睡眠不足。日中も眠気のなかゆらゆらと過ごし、しかしまた迎えた夜には眠れない。


春は好きなのに、どうも上手く付き合えない。

カラダと意識がちぐはぐな状態に困りながらも興味深く観察していたりもする。

このまま季節がすすむのと一緒に元に戻るのだろうか、心配。



21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年1月8日

稽古に使っていた公共施設が緊急事態宣言の影響で20時までしか使えなくなってしまった。(使える時間は半分になっても値段はそのままらしい。) 夜に稽古予定だったのでだいぶきつい。 家の稽古は出来るだろうか。。 逆境の中で「負けない」モードになると硬く頑なになるので、柔らかく柔らかく、すり抜けるように本番を迎えたい。脱力して抜け出す護身術を思い浮かべる。

感情と踊り

悲しかったり怒りだったりがある時のダンスの体験は、救いのようなものがある。 それが表現として良いか悪いかは置いておいて、先日の本番には自分がずいぶん救われた。抜け出せなかった日常の苦しみから吹っ飛ばされるように別次元へいった。清々しく突き抜けた。 本当に辛かった頃に救われた経験があるから、こうしてダンスを続けているんだよなぁと振り返る。そうしたネガティブな感情で自分自身が踊ることをしばらく否定して

記憶が浮かんで足が痛くなったり、足が痛くなって記憶が蘇ったりしてる。 記憶にのまれるとしんどいので、痛みと思考を観察する。

© Tomo Mizukoshi All Rights Reserved.