電車にて

電車の座席に座り本を読んでいると、向かいに座っているおばさんが何か言ってることに気づき顔をあげる。

「お嬢ちゃん、お嬢ちゃん」

と、おばさんはついさっきまでわたしの隣に座っていた女の子に声をかけている。ランドセルと帽子をかぶった女の子は小学校低学年位に見える。次の駅で電車を降りるようで、席から立ちドア付近で駅に着くのを待っている。おばさんの声掛けには気づかないのか反応がない。

駅に着きドアが開く寸前、ふと横見るとわたしの隣、女の子が座っていた座席にピンクの長財布みたいなものがあることに気がつく。一瞬かたまってこれが何か考える、それが財布ではなく小学生がよく使う四角い筆箱だと気付く。慌てて手に取り女の子に差し出す。ドアはもう開き、女の子は電車を降りようとしている。


「はいっ!」

と女の子に筆箱を差し出し続ける。焦ってこれしか言葉が出てこなかった。大人ポジションとしてのこの瞬間の最善の言葉はなんだったのだろうか、短く端的に状況を説明できるベストな言葉はあったのか今も考えている。女の子も突然のことで言葉も反応もなく棒立ちのまま、筆箱を受け取り下車した。

電車は何事もなく走り出す。ほんの数秒の出来事、目まぐるしかった。

ホッとしたら向かいに座るおばさんと目が合い、マスクの下にあるお互いの緩んだ表情を感じながら、軽い会釈をしあった。

最新記事

すべて表示

舞台

久しぶりにリノリウムに寝転がり、照明の吊られた天井を見ている。 床に直で引かれたリノは少し硬く、その下にあるだろうコンクリートの気配を背中に感じる。 劇場の天井は黒く入り組んでいる。照明、蛍光灯、パイプ、スピーカー、大量のコード、、、劇場にいるなぁ。と思う。この景色は小屋入りしないと見られない。やっぱりいいなぁ劇場。 舞台の端っこで私服のまま、舞台の空気を味合わせてもらう。今日は一日だけの手伝いで

隅田川の赤い実

隅田川の川沿いを歩いている。 何か考えたかったり行き詰まったり、気晴らしに、元気な時もそうじゃない時も、わたしは川や海へ向かう。なにかと水辺に引き寄せられる。視界が広がり遠くまでよく見える空間と流れる水、吸い込まれて自分の中に大きなスペースができるように、気持ちが落ち着いていく。 川の水面ギリギリを鳥が真っ直ぐ羽ばたいて通り過ぎていった。天気はくもり、時々雨。黒い水面が揺れて、乾いた皮膚のような細

公園の空いているベンチを見つけ腰掛ける。 座ってから、排除アートと呼ばれるような仕切りのついたものではなく、広々と座れるものだったことに気づく。久々にこのベンチに座った。何にもぶつからずにゆったりと座れる。 座ると鳩がどこからともなく集まってきた。餌をもらい慣れていてこのベンチに座った人がこぼすパンクズやもらえるもの目当てなのかと思ったら、目の前に広がる芝生になにかあるらしい。みなこちらを見ること