隅田川の赤い実

隅田川の川沿いを歩いている。

何か考えたかったり行き詰まったり、気晴らしに、元気な時もそうじゃない時も、わたしは川や海へ向かう。なにかと水辺に引き寄せられる。視界が広がり遠くまでよく見える空間と流れる水、吸い込まれて自分の中に大きなスペースができるように、気持ちが落ち着いていく。


川の水面ギリギリを鳥が真っ直ぐ羽ばたいて通り過ぎていった。天気はくもり、時々雨。黒い水面が揺れて、乾いた皮膚のような細かい波模様ができている。

川沿いを歩いていたら行き止まりになってしまった、神田川の合流地点だ。

フェンスと立入禁止の看板がかかっていて先には進めない。

引き返すにも別に急いでいないし行き止まりということは人もこないだろうからゆっくりしていこうと川に近づくと、フェンスの向こうに赤い実をつけた植物が生えているの見つけた。ラズベリーのような、いかにも食べられそうな見た目に心がくすぐられる。

この口に入れたい欲求は食欲ではない。この行き止まりに生える植物を食べることで、同じ生物同士として接点が生まれるような、そこに秘密めいた取引があるように感じて、それがドキドキするのだ。川を眺めながらその行き止まりの何もない場でボーとしながらしばらく悩んだが、今回は食べずに引き返した。食べなかったけど、食べる可能性があるというだけでも、そこに赤い実がなっていることを知っているだけでも、何か繋がりをもったのだろうか。

最新記事

すべて表示

電車の虫

電車に乗っていると、突然首の後ろがもぞもぞっとする。ヒェッと反射的に手で首を触ると、なにかに触れる。とっさに掴んだ手を覗き込むとエメラルドグリーンの綺麗な虫が収まっていた。 さっき目の前に座っているおじさんおばさん達が必死に振り払っていた虫だ。このまま電車にいると潰されるか踏まれるかしてしまいそう、手の中に空洞ができるようにしてそのまま虫を掴んでおく。降りる駅までもう少し。一緒に降りてどこか緑のあ

電車にて

電車の座席に座り本を読んでいると、向かいに座っているおばさんが何か言ってることに気づき顔をあげる。 「お嬢ちゃん、お嬢ちゃん」 と、おばさんはついさっきまでわたしの隣に座っていた女の子に声をかけている。ランドセルと帽子をかぶった女の子は小学校低学年位に見える。次の駅で電車を降りるようで、席から立ちドア付近で駅に着くのを待っている。おばさんの声掛けには気づかないのか反応がない。 駅に着きドアが開く寸

舞台

久しぶりにリノリウムに寝転がり、照明の吊られた天井を見ている。 床に直で引かれたリノは少し硬く、その下にあるだろうコンクリートの気配を背中に感じる。 劇場の天井は黒く入り組んでいる。照明、蛍光灯、パイプ、スピーカー、大量のコード、、、劇場にいるなぁ。と思う。この景色は小屋入りしないと見られない。やっぱりいいなぁ劇場。 舞台の端っこで私服のまま、舞台の空気を味合わせてもらう。今日は一日だけの手伝いで