本とコトバ

コロナの影響をバッチリ受けて仕事が減ったり無くなったり、思わぬ話が入ってきたりもしたけれど最近は時間がたっぷりあるので、本を読む時間が増えた。

去年の秋に引っ越しをし、駅の向こう側にある大きな中央図書館に行き、貸し出しカードを作った。 ひとり暮らしを始めてから初めて図書館の登録をした。面倒なものなのかと思ったら、手続きはとても簡単であっさりとカードを受け取ることができた。 久々に図書館を利用してみると、ここにある本が全て読み放題なのかと、世界が無限に広がっていくような感覚にワクワクした。

時間がある時の読書のいいところは、そんなに気になっていたわけではないジャンル、たまたま目についた本に手を伸ばしてみることができるところだと思う。

ダンスの本番があると身体のことや作品テーマに関連した本ばかりになってしまいがちだ。もちろんそれだって時間がないとできないし楽しいことだけれど、たまたま出会った本はまた違った楽しさがある。先にはまだまだ知らない世界が広がっているんだと、その気配を感じられるだけでも楽しい。

そして本を読んでいると、自分から言葉が生まれやすくなる。 日々の色々なことを言葉にしたくなるようになる。見たり感じたりしたこと。なにげないこと。

「自分は言葉にするのが下手」という意識がずっとあるから、練習だと思って普段の何気ないことを言葉にしていってみる。出てきたものを読み返すと意外な感じもあり面白い。ちょっと時間が経ってから読んでも面白い。

ということで、その日常のメモが増えてきたので少しブログにこぼしていこうと思う。

最新記事

すべて表示

高浜運河沿緑地

品川の駅に降りると、降りた人と乗る人でホームは溢れかえった。大勢の人が各々に進む方向があり、流れが読めない。改札内は渦巻いている。 時間をかけながらもどうにか改札を出る。改札出て左にある映画館に行くつもりだけど、上映まではあと一時間あるので、久しぶりに右に曲がってみる。液晶画面がずらりと並ぶ近未来的な風景はドラミちゃんの映画を思い出す。ドラミちゃんがいるのは22世紀か23世紀だったか。なんだっけか

ツイッター

本は読めるのに、ツイッターが読めなくなった。 皆がそれぞれ色んなことを言っている。それぞれの活動や考えが乱列して流れていて、頭がついていかずシャットダウンした。ぐるぐるする脳内で、アイコンやアップされていた写真だけふんわり思い出せる。なるほど、だからインスタがあるのか。画像や動画って停止した頭にも入ってくることを身をもって体験して納得した。 一人の目線から生まれたものがたっぷりと読める本や漫画が今

公園で踊る

日が延びて、19時頃まで外が明るいので気も楽だ。用事が終わっても外はまだ昼間の色をしていて、暗くなるまで時間があるので公園に行く。 近くの公園は広く、大きなトラックがあり、その中心はシロツメクサがたくさん咲いている。外周をのんびり2周歩いてから、トラックを横切りシロツメクサの茂る地面に立つ。 広々と360度見渡せ、塞ぐものがなく風がぬけて気持ち良い。肩にかけていた最低限の小さな荷物を下ろし、腕を上