寒い朝と眠りと

久々に早朝に目覚ましをかける。

携帯のアラームが暗い部屋に響く。

6:30、最近だとうとうとできるかできないかの時間だ。今日は止むを得ず薬を飲んで寝たが、 眠れたのか眠れなかったのかいまいち分からない目覚めだった。

(ドラッグストアで購入した睡眠改善薬、飲むと眠れるが改善の方向に進んでいるのかは不明)


今日はとても冷え込む。冬に戻ったような気候だとネットニュースでも言ってたので冬のコートと更にレインコートを着込む。もこもこと着膨れした姿はスプリングコートを開いて羽織っていた昨日までの私とあまりにもギャップがあり滑稽だと鏡を見て思う。ついこの間までの季節の出来事なのに随分と昔の姿のように感じる。

しかし今日は暖かければ良いのだ。

今はとにかくカラダの調子を狂わせたくない。


やはり一日中眠いので今日はあまり眠れてなかったよう。そもそもの睡眠確保時間が今日は短かった。

寝不足で頭がぐわんぐわんしているものの、朝早く起きるのはなかなか気持ちが良かったのでこのまま朝サイクルにしていきたいと少し思う。しかし夜にも予定があるからきっと朝早く起きるのは無理だろう。

朝起きた方が眠れるようになるんだろうか。





21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年1月8日

稽古に使っていた公共施設が緊急事態宣言の影響で20時までしか使えなくなってしまった。(使える時間は半分になっても値段はそのままらしい。) 夜に稽古予定だったのでだいぶきつい。 家の稽古は出来るだろうか。。 逆境の中で「負けない」モードになると硬く頑なになるので、柔らかく柔らかく、すり抜けるように本番を迎えたい。脱力して抜け出す護身術を思い浮かべる。

感情と踊り

悲しかったり怒りだったりがある時のダンスの体験は、救いのようなものがある。 それが表現として良いか悪いかは置いておいて、先日の本番には自分がずいぶん救われた。抜け出せなかった日常の苦しみから吹っ飛ばされるように別次元へいった。清々しく突き抜けた。 本当に辛かった頃に救われた経験があるから、こうしてダンスを続けているんだよなぁと振り返る。そうしたネガティブな感情で自分自身が踊ることをしばらく否定して

記憶が浮かんで足が痛くなったり、足が痛くなって記憶が蘇ったりしてる。 記憶にのまれるとしんどいので、痛みと思考を観察する。

© Tomo Mizukoshi All Rights Reserved.