大船渡コンサート①

大船渡へと向かってバスに揺られている。

三年ぶりの、大船渡だ。

新幹線はやぶさを降りるとモワッと夏の暑さが体を覆う。東北だから少しは涼しいのかと勝手に想像していたが、暑さはやっぱり天気予報通りで、どこもそんなに変わらないようだ。

今回は大船渡出身のピアニスト、桑原裕子さんが主催するコンサートの大船渡公演に、ダンスで出演する。三年前は参加人数が少なかったので車で行ったのだが、今回は弦楽団がいて大所帯だ。なので一関まで新幹線で、そこから貸切バスで向かう。

バスに乗り込むと涼しいエアコンの空気に一気に力が抜ける。暑さに年々弱くなっている気がするけれど、この頃の暑さは命の危険がある暑さだ。エアコンは生命線だ。

一人二席使う形で満席になったバスが発車する。

窓から見える緑が濃く、夏の光もあってより生命力を感じさせる。太陽が眩しく世界を照らしている。東京でよく見かける草を見つけても、なんだか色が違うように見える。窓から見える緑が続く。生い茂る緑と、空の青と、夏らしい入道雲。自粛ばかりだった身にその風景は新鮮だ。

最新記事

すべて表示

ワクチンと台風

ワクチンの福反応で昨日は一日倒れていた。 頭が痛く熱も上がり関節も痛い。看護系の友人にはワンデーインフルエンザと言われた。確かに症状としてはそんな感じだった。とにかくしんどいのでずっと横になり、気を失うように寝ては起きてを繰り返し時間が過ぎるのを待っていた。 今日は熱も下がり幾分マシになったが、まだ頭が痛くだるい。咳をすると頭に響いてしんどい。図書館で大量に借りた本たちも読みたいし、ウェブサイトも

いること・在ること

色々と喋っている中の話の流れで「生きる意味」といった話題になった。 生きる意味、そんなものはなくても、ここにいられることが重要だと思った。 理由がなくてはここにいられない、というのはなんだか寂しいし、悔しい。排除される理由なんてない。 まずはここにいる。そこから始める。 そういうことを、わたしはダンスでやってきたんだと気づく。

リマインダー

これから仕事なのだけど、少し早めに来た、久々の神保町。本屋を回ってからカフェに行くつもりが到着した時点でなんだか疲れたので(今日は涼しいけど湿気が辛い)すぐにブックカフェに入る。 返事をしないといけないメール案件いくつかがリストになってリマインダーで届く。すぐに忘れるから電車に乗る前に入れておいたやつだ。まずはこれらを終わらせようとメールボックスを開く。 始めればたいして時間がかかるものでもないの