公園で踊る

日が延びて、19時頃まで外が明るいので気も楽だ。用事が終わっても外はまだ昼間の色をしていて、暗くなるまで時間があるので公園に行く。


近くの公園は広く、大きなトラックがあり、その中心はシロツメクサがたくさん咲いている。外周をのんびり2周歩いてから、トラックを横切りシロツメクサの茂る地面に立つ。

広々と360度見渡せ、塞ぐものがなく風がぬけて気持ち良い。肩にかけていた最低限の小さな荷物を下ろし、腕を上に伸ばして大きな伸びをする格好になる。

ここでキープ。

日常にない形、だけど馴染みやすい形を保つ。見通しの良い場所、つまり人からよく見える場所で踊ろうとしていることに少し緊張している自分を、この夕方の公園に馴染ませていく。裸足の人を見かけたので一度腕を下ろして、私も靴を脱いでみる。裸足になるとシロツメクサは柔らかくて気持ちが良い。またのびをする。少し慣れてきたので、のびの形から少しずつ動きを増やしていく。この休日の公園、思い思いに過ごす人、人、夕焼けの風が気持ちよくぬける空間に溶け込んで、少しずつ滲ませるように踊ってみる。

最新記事

すべて表示

ワクチンと台風

ワクチンの福反応で昨日は一日倒れていた。 頭が痛く熱も上がり関節も痛い。看護系の友人にはワンデーインフルエンザと言われた。確かに症状としてはそんな感じだった。とにかくしんどいのでずっと横になり、気を失うように寝ては起きてを繰り返し時間が過ぎるのを待っていた。 今日は熱も下がり幾分マシになったが、まだ頭が痛くだるい。咳をすると頭に響いてしんどい。図書館で大量に借りた本たちも読みたいし、ウェブサイトも

大船渡コンサート①

大船渡へと向かってバスに揺られている。 三年ぶりの、大船渡だ。 新幹線はやぶさを降りるとモワッと夏の暑さが体を覆う。東北だから少しは涼しいのかと勝手に想像していたが、暑さはやっぱり天気予報通りで、どこもそんなに変わらないようだ。 今回は大船渡出身のピアニスト、桑原裕子さんが主催するコンサートの大船渡公演に、ダンスで出演する。三年前は参加人数が少なかったので車で行ったのだが、今回は弦楽団がいて大所帯

いること・在ること

色々と喋っている中の話の流れで「生きる意味」といった話題になった。 生きる意味、そんなものはなくても、ここにいられることが重要だと思った。 理由がなくてはここにいられない、というのはなんだか寂しいし、悔しい。排除される理由なんてない。 まずはここにいる。そこから始める。 そういうことを、わたしはダンスでやってきたんだと気づく。