カフェにて

窓に面したカウンター席で、パソコン画面に集中していた顔を窓の向こうの空に向ける。今日は久々に天気が良くて、水彩画のような雲がゆっくりと流れている。集中して作業できたので気づけば随分と時間が経っていたらしく、空は夕方の気配を感じる柔らかな色合いだ。

カウンター席についているコンセントは蓋され利用できないようになっている、きっと感染対策であまり長居をしてほしくないということなんだろう。テーブルに置いたままだったレシートを見ると入店したのは2時間半前。カフェ利用としてこれは長いだろうか。よくわからないけど恐らく長いだろう。

そろそろ出ようかともう一度空を見上げる。面倒臭い。ほどほどに柔らかく良い感じなこの椅子から立ち上がるのも、荷物をまとめるのも家に帰るのも面倒臭い。


雲が流れている。このまま布団に包まれたい。

うちにあるお気に入りの羽毛布団が頭に浮かぶ。

お布団。お布団。お布団。

電源が切れたように、すべてが面倒臭い。

最新記事

すべて表示

高浜運河沿緑地

品川の駅に降りると、降りた人と乗る人でホームは溢れかえった。大勢の人が各々に進む方向があり、流れが読めない。改札内は渦巻いている。 時間をかけながらもどうにか改札を出る。改札出て左にある映画館に行くつもりだけど、上映まではあと一時間あるので、久しぶりに右に曲がってみる。液晶画面がずらりと並ぶ近未来的な風景はドラミちゃんの映画を思い出す。ドラミちゃんがいるのは22世紀か23世紀だったか。なんだっけか

ツイッター

本は読めるのに、ツイッターが読めなくなった。 皆がそれぞれ色んなことを言っている。それぞれの活動や考えが乱列して流れていて、頭がついていかずシャットダウンした。ぐるぐるする脳内で、アイコンやアップされていた写真だけふんわり思い出せる。なるほど、だからインスタがあるのか。画像や動画って停止した頭にも入ってくることを身をもって体験して納得した。 一人の目線から生まれたものがたっぷりと読める本や漫画が今

公園で踊る

日が延びて、19時頃まで外が明るいので気も楽だ。用事が終わっても外はまだ昼間の色をしていて、暗くなるまで時間があるので公園に行く。 近くの公園は広く、大きなトラックがあり、その中心はシロツメクサがたくさん咲いている。外周をのんびり2周歩いてから、トラックを横切りシロツメクサの茂る地面に立つ。 広々と360度見渡せ、塞ぐものがなく風がぬけて気持ち良い。肩にかけていた最低限の小さな荷物を下ろし、腕を上